研究成果

インターネット配信

2016年度

論文

  • Shinya Konaka(2017)Introduction: The Articulation-Sphere Approach to Humanitarian Assistance to East African Pastoralists, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 1-17.
  • Shinya Konaka(2017)Articulation between the Material Culture of East African Pastoralists and Non-Food Items of Humanitarian Assistance, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 53-67.
  • SUN, Xiaogang(2017)Strengthening Local Safety Nets as a Key to Enhancing the Food Security of Pastralists in East Africa: A Case Study of the Rendille of Northern Kenya, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 19-33.
  • SHIMADA, Go, MOTOMURA, Miki(2017)Building Resilience through Social Capital as a Counter-Measure to Natural Disasters in Africa: A Case Study from a Project in Pastoralist and Agro-Pastralist Communities in Borena,in the Oromia Region of Ethiopia, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 35-51.
  • HAZAMA, Itushiro(2017)Violence and Medical Pluralism among the Karimojong and the Dodoth in Northeastern Uganda, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 69-84.
  • YONEKAWA, Masako(2017)Political and Military (Mis)Use of Humanitarian Action and Aid: Since the End of the Cold War and Onset of “the War of Terror,” African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 85-101.
  • MURAO, Rumiko(2017)The Daily Life Strategies of Small-Scale Farmers after Prolonged War: the Long-Term Influence of Humanitarian Assistance, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 103-116.
  • MATSUURA, Naoki(2017)Humanitarian Assistance from the Viewpoint of Hunter-Gatherer Studies: Cases of Central African Forest Foragers, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 117-129.
  • MOCHIZUKI, Yoshinori(2017)Research Note The Livelihood Strategies of South Sudanese in a Refugee Settlement in Uganda, African Study Monographs. Supplementary issue, 53, pp. 131-139.
  • 著書

    • 米川正子(2017)『あやつられる難民−政府、国連、NGOのはざまで』筑摩書房.
    • 内海成治(2016)『学びの発見−国際教育協力論考』ナカニシヤ出版.
    • 内海成治(2016)「ケニア辺境地におけるEFAの再検討」村田翼夫編「多文化社会に応える地球市民教育」ミネルヴァ書房, pp. 222-246.
    • Hazama, Itsuhiro(2016)Embodiment Cultural Differences, pp. 108-133, Cambridge Scholars Publishing.

    口頭発表

    • 湖中真哉 (2016) 「東アフリカ牧畜社会における人道支援枠組みのローカライズ」『日本アフリカ学会第53回学術大会』6月5日, 日本大学生物資源学部.
    • 孫暁剛 (2016) 「ケニア北部の牧畜民を対象とした食料援助の実態と問題点」『日本アフリカ学会第53回学術大会』6月5日, 日本大学生物資源学部.
    • 波佐間逸博 (2016) 「紛争後のウガンダ・ナイル系牧畜社会における創造的ヘルスケア・ローカリティ」『日本アフリカ学会第53回学術大会』6月5日, 日本大学生物資源学部.
    • 米川正子 (2016) 「対テロ支援における人道支援」『日本アフリカ学会第53回学術大会』6月5日, 日本大学生物資源学部.
    • 村尾るみこ (2016) 「アフリカ南部農村における緊急人道支援の影響」『日本アフリカ学会第53回学術大会』6月5日, 日本大学生物資源学部.
    • 内海成治 (2016) 「教育を求めて難民に−2016カクマ難民キャンプ報告」『第18回アフリカ教育研究フォーラム』10月15-16日, 筑波大学.
    • Rumiko Murao (2015) Local Struggle with the Cassava Cultivation in Southern Africa: “Revolution” for the Immigrants, Sustainable and Just Rural Transitions: Connections and Complexities Session 45B Green Revolution from Comparative Perspective: Between Asian and African Experiences 2, 8月12日,Ryerson University, Toronto, Canada.
    • Itsuhiro Hazama(2015)Strategies for non-violence Imagination and embodiment among Dodoth in Northeastern Uganda, 115th AAA (American Anthropological Association) Annual Meeting, 11月18日, Minneapolis Convention Center.

    2015年度

    論文

    • 波佐間逸博(2016)「変動する東アフリカ牧畜社会の食と記憶」『多文化社会研究』2: pp. 71-83.
    • 内海成治ほか(2015)「南スーダンにおける紛争後の初等教育と学校運営の実態−教授言語の変更に着目して」『比較教育学研究』42: pp. 52-65.
    • Naoki Matsuura (2016) Dynamics of social change and relationships with neighbors among African hunter – gatherers: A case of the Babongo in southern Gabon from 2003 to 2012, Senri Ethnological Studies.

    著書

    • 湖中真哉(2016)「アフリカ国内避難民のシティズンシップ−東アフリカ牧畜社会の事例」錦田愛子編『移民/難民のシティズンシップ』有信堂, pp. 60-80.
    • 孫暁剛(2016)「ラクダ科牧畜の地域性と共通性−東アフリカ乾燥地域と中央アンデス高地の比較から」水野一晴編『アンデス自然学』古今書院, pp. 262-273.
    • Hazama, Itsuhiro(2016)Conflict and the Creation of Peace, (W. Shiino, S. Shiaishi and T. Ondicoeds.) Re- Finding African Local Assets and City Environments: Governance, Research and Reflexivity, pp. 41-57, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所.
    • 内海成治(2016)「ケニアの辺境地におけるEFAの再検討」村田翼夫『多文化社会に応える地球市民教育』ミネルヴァ書房, pp. 222-245.
    • 内海成治 (2016) 『新版国際協力論を学ぶ人のために』世界思想社.
    • 村尾るみこ(2016)「限界を生きる焼き畑農耕民の近現代史−ザンビア西部のキャッサバ栽培技術を中心に」石川博樹ほか編『食と農のアフリカ史』昭和堂, pp. 273-290.
    • 松浦直毅(2016)「保全と開発の両立に向けた地域住民との共同−ガボン南西部ムカラバ・ドゥドゥ国立公園における実践から」竹内潔ほか編『森をめぐるコンセンサスとディソナンス−熱帯森林帯地域社会の比較研究』(CIAS Discussion Paper Series)京都大学地域研究総合情報センター.
    • 松浦直毅 (2016) 「アフリカ熱帯雨林における文化多様性と参加型保全−ふたつの自然保護区における地域社会の比較から」山越言ほか編『アフリカ潜在力5自然は誰のものか−住民参加型保全の逆説を乗り越える』京都大学学術出版会, pp. 145-166.

    口頭発表

    • 波佐間逸博 (2015) 「ウガンダ北東部の牧畜民ドドス社会の高齢者−生と死をめぐる高齢女性の役割に注目して」『日本アフリカ学会第52回学術大会』5月24日, 犬山国際観光センター.
    • Itsuhiro Hazama (2015) Aging among Pastoralist Women: The Sharing of Bodies and Memories among the Dodoth in Northeastern Uganda, One Health Conference in Nagasaki, 11月6-7日,長崎大学.
    • 波佐間逸博(2015)「東アフリカ牧畜民と家畜の響存」『人間行動進化学会』12月5日,総合研究大学院大学.
    • Yonekawa, Masako(2016)The Nature of “Permanent” Complex Emergencies in Rwanda & DRC, and UNHCR’s Contradictory Role, World Conference on Humanitarian Studies, 3月6日, アディスアババ.
    • 内海成治 (2016) 「NGOによる難民への教員支援−ケニア・カクマ難民キャンプの事例から−」『国際ボランティア学会第17回大会』2月28日, 久留米大学.
    • 村尾るみこ (2015) 「アフリカ南部の国境地帯における流動性」『日本アフリカ学会第52回学術大会』5月24日, 犬山国際観光センター.
    • 松浦直毅 (2015) 「コンゴ民主共和国の熱帯雨林保全と持続的開発における住民組織の役割」『日本アフリカ学会第52回学術大会』5月24日, 犬山国際観光センター.

    2014年度

    論文

    • 孫暁剛(2015)「牧畜社会の食料安全保障における地域セーフティネットの意義―ケニア北部レンディーレ社会の事例から」『アフリカレポート』53: pp. 13-24.
    • 松浦直毅(2014)「『住民参加』によるアフリカ熱帯雨林の保全と開発に向けて ―ガボン南西部ムカラバ・ドゥドゥ国立公園の事例から」『アフリカレポート』52: pp. 88-97.
    • Matsuura, N. and Moussavou, G.M. (2015) Analysis of Local Livelihoods around Moukalaba-Doudou National Park in Gabon, Tropics, 23(4), pp. 195-204.
    • Naoki Matsuura (2015) The roles of local associations in rainforest conservation and local development in the Democratic Republic of the Congo, African Study Monographs Supplementary Issue, 51, pp. 57-73.

    著書

    • 湖中真哉(2015)「やるせない紛争調査—なぜアフリカの紛争と国内避難民をフィールドワークするのか−−」床呂郁哉編『人はなぜフィールドに行くのか—フィールドワークへの誘い』東京外国語大学出版会, pp. 34-52.
    • 波佐間逸博(2015)「東アフリカ牧畜世界における擬人化/擬獣化」木村大治編『動物と出会うⅡ:心と社会の生成』ナカニシヤ出版, pp. 3-26.
    • 波佐間逸博(2015)『牧畜世界の共生論理:カリモジョンとドドスの民族誌』京都大学学術出版会.
    • 佐藤靖明・村尾るみこ共編(2014)『衣食住からの発見』古今書院.
    • Naoki Matsuura (2015) Human female dispersal and social organization: A case of central African hunter-gatherers, (Furuichi, T., J. Yamagiwa, and F. Aureli eds.) Dispersing Primate Females Life History and Social Strategies in Male-Philopatric Species, pp. 165-183, Springer.

    口頭発表

    • Shinya, Konaka (2014) Reconsidering the Spatiality of Nomadic Pastoralists: The Case of East African Pastoral Society, IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) Inter-Congress 2014. May 15, Makuhari Messe, Chiba, Japan.
    • 湖中真哉(2014)「劣悪なガヴァナンスの人類学へ向けて−A国牧畜社会の紛争の事例から」『中部地区研究懇談会(中部人類学談話会)第222回例会』4月12日, 南山大学人類学研究所.
    • 孫暁剛(2014)「東アフリカ牧畜社会における自然災害とフード・セキュリティー」『日本アフリカ学会第51回学術大会』5月24日, 京都大学.
    • 波佐間逸博(2014)「東アフリカ牧畜民社会のユニークな共生」『日本アフリカ学会九州支部例会「アフリカ研究へのいざない ─自然と人間の関わりあいに学ぶ─」』11月23日,九州大学.
    • 波佐間逸博(2014)「暴力に抵抗する医療―ウガンダ北東部カラモジャにおけるカリモジョンとドドスの事例から」『日本アフリカ学会第51回学術大会』5月25日,京都大学.
    • Itsuhiro Hazama (2014) Bodily Power at Work in Everyday Practices,国際社会学会第18回世界社会学会議, 7月15日,パシフィコ横浜.
    • Itsuhiro Hazama (2014) The Peace-Seeking Body in East African Pastoral Society, 国際社会学会第18回世界社会学会議, 7月19日, パシフィコ横浜.
    • Itsuhiro Hazama (2014) Coping with the Wounds of Violence in Karamoja, Northeastern Uganda, IUAES Inter-Congress 2014. May 18, Makuhari Messe, Chiba, Japan.
    • Masako Yonekawa (2014) Political Implications of Humanitarian Actions in Conflict-Related Situations ―What can Japan Learn?―, The 14th East Asian Seminar on the UN System, December 13, 同志社大学.
    • 村尾るみこ(2014)「アンゴラ東部農村における生計活動」『日本文化人類学会第48回研究大会』5月12日, 幕張メッセ国際会議場.
    • 村尾るみこ(2014)「アンゴラ出自集団の経済活動」『日本アフリカ学会第51回学術大会』5月24日,京都大学.
    • 村尾るみこ(2014)「アフリカの紛争国周辺農村における移住民の生計変化の研究」『日本熱帯生態学会』6月15日, 宇都宮大学.
    • Naoki Matsuura (2014) Les moyens de subsistance et relations Hommes-Nature, Symposium Internationale sur la Conservation de la Biodiversité en forêt tropicale à travers la coexistence durable entre l’Homme et l’ Animal, April 30, Institut Francais (Libreville, Gabon).
    • Naoki Matsuura (2014) Bridging ecological anthropology and primatology for biodiversity conservation of African rainforests, IUAES Inter-Congress, May 17, Makuhari Messe, Chiba, Japan.
    • 松浦直毅(2014)「アフリカ熱帯林の保全と地域開発は両立可能か?―ガボン、ムカラバ・ドゥドゥ国立公園における住民参加型事業の取り組み」『日本アフリカ学会第51回学術大会』5月25日, 京都大学.

    2013年度

    論文

    • 波佐間逸博(2013)「東アフリカ牧畜社会におけるヘルスケア:ローカリティにもとづく医療支援に向けて」『アフリカ研究』83: 17-27.
    • 村尾るみこ(2013)「ザンビア西部に住むアンゴラ難民の生計戦略と今後のアフリカ研究と協力についての提言」『ARDEC: world agriculture now』49: 20-25.

    著書

    • Itsuhiro Hazama(2014)Intergroup and Face-to-Face Relations among East African Herders. (V-Y. Mudimbe and Anhtony Simpson, eds.,) Recontextualizing Self & Other Issues in Africa, pp. 35-52. Africa World Press.
    • 内藤直樹(2014)「序章『社会的包摂/排除』現象への人類学的アプローチ」内藤直樹・山北輝宏編『社会的包摂/排除の人類学:開発・難民・福祉』pp. 1-14,昭和堂.
    • 村尾るみこ(2014)「アンゴラ移住民のマーケット活動」大林稔ほか編『新生アフリカの内発的発展―住民自立と支援』pp. 124-147,昭和堂.
    • 村尾るみこ(2014)「アンゴラ定住難民の生存戦略は持続可能か」内藤直樹・山北輝宏編『社会的包摂/排除の人類学:開発・難民・福祉』pp. 120-137,昭和堂.
    • 内海成治(2013)「ボランティアの意味と教育課題─学校へのボランティア導入をめぐって」上田学・村田翼夫編『現代日本の教育課題』pp. 123-145,東信堂.
    • 内海成治(2014)「教育協力と国際ボランティア」山田恒夫編『国際ボランティアの世紀』pp. 46-61,放送大学教育振興会.
    • 内海成治(2014)「フェアトレードと国際ボランティア」山田恒夫編『国際ボランティアの世紀』pp. 77-76,放送大学教育振興会.
    • 内海成治(2014)「NGOと国際ボランティア」山田恒夫編『国際ボランティアの世紀』pp. 154-173,放送大学教育振興会.
    • 内海成治(2014)「企業CSRと国際ボランティア」山田恒夫編『国際ボランティアの世紀』pp. 174-193,放送大学教育振興会.

    口頭発表

    • Shinya Konaka (2013) An Anthropological Perspective toward the Post-globalization Era: The Case of Internally Displaced Persons in East African Pastoral Societies. IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) World Congress 2013. August 7, Manchester, UK.
    • 湖中真哉(2013)「貧困の物質文化─東アフリカ牧畜社会における国内避難民の事例─」『日本文化人類学会第47回研究大会』6月8日,慶応義塾大学.
    • Shinya Konaka (2013) Food Security under the Human Security Crisis: The Case of Internally Displaced Persons in East African Pastoral Societies. International Symposium Anthropological Study of Food Security. December 20, Osaka, Japan.
    • 波佐間逸博(2013)「ヘルス・ケアの果てる場所、東アフリカ牧畜社会」『日本アフリカ学会第50回学術大会』5月25日,東京大学.
    • Itsuhiro Hazama (2013) Security Enforcement and Local Creativity of Peace in Karamoja, Northeastern Uganda. The Third Forum on “Comprehensive Area Studies on Coexistence and Conflict Resolution Realizing ‘African Potentials.’” December 8, Juba, South Sudan.
    • Naoki Naito (2013) Digital Media, Market and Trust: the Socioeconomic Relationships between Somali Refugees and Host Communities in Kenya. Canadian Association of African Studies. May 1-3, Carleton, Canada.
    • 村尾るみこ(2013)「アンゴラ出自集団の経済活動」『日本アフリカ学会第50回学術大会』5月25日,東京大学.
    • 内海成治(2013)「南スーダンにおけるNGOによる緊急支援」『アフリカ教育研究フォーラム第11回大会』4月13日,京都女子大学.
    • 内海成治(2013)「ケニアにおけるNGOの学校支援─参加型開発をめぐって」『アフリカ教育研究フォーラム第12回大会』10月26日,早稲田大学.
COPYRIGHT © 2013-2017 接合領域接近法による東アフリカ牧畜社会における緊急人道支援枠組みのローカライズ AllRIGHTS RESERVED.