IUAES遊牧民委員会で研究成果を報告

本科研の研究代表者湖中真哉(静岡県立大学教授)が、2017年5月4日にカナダのオタワで開催されたIUAES (国際人類学民族科学連合)2017年中間国際会議(inter-congress)の遊牧民委員会(Commission of Nomadic Peoples)において、サヴェリオ・クラトゥリ氏が主催するパネル(LL-NAS07)< order OR stability > Working with pastoral systems in a ‘messy’ worldで本科研の研究成果を報告しました。

■遊牧民委員会パネルレポート(サヴェリオ・クラトゥリ氏)
https://whitehorsepress.blog/2017/06/05/mouvement-a-report-on-pastoralism-panels-at-cascaiuaes-congress-in-ottawa-2-6-may/
■CASCA/IUAES2017 Conference in Ottawa(パネル概要のページ)
http://www.nomadit.co.uk/cascaiuaes2017/suite/panels.php5?PanelID=5355

COPYRIGHT © 2013-2018 接合領域接近法による東アフリカ牧畜社会における緊急人道支援枠組みのローカライズ AllRIGHTS RESERVED.